HOME» 周辺観光紹介 »周辺観光紹介

周辺観光紹介


周辺観光紹介



 
朝護孫子寺 総合案内
今から1400年程前、聖徳太子が物部守屋の討伐の際にこの山を訪れて戦勝の祈願をすると、天空に毘沙門天王が現れ、必勝の秘法を授かりました。 その後、見事勝利した太子は、自ら天王のお姿を彫刻し伽藍を建て、信ずべき貴ぶべき山として『信貴山』と名付けたそうです。 ちょうど毘沙門天が現れたのが寅の年、寅の日、寅の刻であったため、寅が信仰されるようになったと言われています。さらに醍醐天皇の時代(910年)、天皇の病気回復を命蓮上人(みょうれんしょうにん)が毘沙門天王に祈願すると、 たちまち全快されたことから、朝廟安穏・守護国土・子孫長久の祈願所として『朝護孫子寺』と呼ばれるようになりました。庶民信仰の寺として人々からは『信貴山寺』と親しまれています。 四季折々の表情を見せる豊かな自然のなかで、味覚狩り・BBQ・体験教室などが楽しめるお出かけスポット。特に味覚狩りはほぼ1年を通して体験することができる人気メニューです。BBQも手ぶら で手軽に炭火のおいしさを楽しめるとあって大好評。こんにゃく作りやそば打ちといった屋内で楽しめる体験も豊富にご用意しています。
鐘の鳴る展望台はカップルに人気のスポット 法隆寺
大阪の夜景を楽しみたいなら何といってもココ!奈良と大阪の県境、生駒山脈の尾根づたいを走る信貴生駒スカイラインからは、大阪平野から奈良盆地に かけて広がる広大な光の海が満喫できる。また道中には「山上展望台」や「鐘の鳴る展望台」のほか、見晴らしのよい無料駐車スペースが沢山あるのでオススメ。 法隆学問寺とも、斑鳩寺とも称する南都七大寺の一つ。木造建築物では世界最古であり、ユネスコの世界文化遺産に姫路城とともに、日本ではじめて登録され た。推古天皇の時代に聖徳太子により建立され、飛鳥時代を始めとする各時代の貴重な建造物や宝物類が広大な境内に存在している。
奈良公園は660ヘクタールの広大な地域にまたがり、貴重な歴史的文化遺産を包蔵する東大寺、興福寺、春日大社、保存のための文化施設である国立博物館、正倉院等々と、これらをとりまく雄大で豊かな緑の自然美が調和して、他に類例のない歴史公園とも称される公園です。 木々に映える堂塔伽藍、若草に萌える芝生、鹿の群れ遊ぶ風情、「大仏と緑と鹿」で代表される奈良公園は古都奈良の顔でもあります。 奈良県の中央部に位置する村である。中央集権律令国家の誕生の地である事から飛鳥時代の宮殿や史跡が多く発掘されている事で知られ、「日本の心の故郷」とも紹介される。
古くから花の名所として知られており、その中でも特に桜は有名で、かつては豊臣秀吉が花見に来た事がある。現代でも桜が咲く季節になると花見の観光客で賑わう。地域ごとに下千本(しもせんぼん)、中千本(なかせんぼん)、上千本(かみせんぼん)、奥千本(おくせんぼん)と呼ばれている。 平安時代の弘仁7年(816年)に嵯峨天皇から空海(弘法大師)が下賜され、修禅の道場として開いた日本仏教における聖地の1つ。2004年7月7日、高野山町石道と金剛峯寺境内(6地区)、建造物12件が熊野、吉野・大峯と共に『紀伊山地の霊場と参詣道』としてユネスコの世界遺産に登録された。
ユニバーサルスタジオジャパン、道頓堀や通天閣、あべのハルカスなどの定番スポット、お好み焼きやたこ焼きなどのグルメ、他にもレジャー施設や、自然が多いエリアなど、多くの観光スポットがある。


周辺観光紹介

■宿泊日
日  

■宿泊数


■ご利用人数/1部屋あたり合計
大人名様 
小学生名様
幼児(食事・布団あり)名様
幼児(食事あり)名様
幼児(布団あり)名様
幼児(食事・布団なし)名様

■部屋数/合計
部屋

旅色に紹介されました

PCサイト